公務員のための法律相談

公務員事件は一般の労働問題等とは取扱が異なり、その法律問題に対応するには、その専門的な知識・経験が必要です。公務員歴約20年の弁護士が、その経験から、公務員の法律問題につき、ベスト・ソリューションをご呈示させていただきます。

不当な懲戒処分の取消を求められる方

公務員の場合、本人にとって不利益な処分をする際には、その事由は、地方公務員の場合は地方公務員法によって、国家公務員の場合は国家公務員法によって、それぞれ定められています。

「不当な懲戒処分の取消を求められる方」について詳しくはこちらから

職場でのハラスメントにお困りの方

公務員が職場でトラブルに見舞われた場合、公務員独自の対策をとる必要があります。

「職場でのハラスメントにお困りの方」について詳しくはこちらから

公務災害等に遭われた方

公務員が、公務上あるいは通勤上の災害で負傷したり、病気になった場合、地方公務員は地方公務員公務災害補償法に基づき、国家公務員は国家公務員災害補償法に基づき、補償を受けることができます。

「公務災害等に遭われた方」について詳しくはこちらから

公務に起因して損害賠償請求を受けられている方

例えば、誤って他人の住民票を渡してしまい、プライバシー侵害を追及されるケース、窓口での対応で名誉毀損を追及される、関与した公金支出が不適切と住民訴訟を提起されるケースなど、公務員個人が損害賠償責任を負う事例は少なくありません。

「公務に起因して損害賠償請求を受けられている方」について詳しくはこちらから

刑事事件で公務員の家族が逮捕された方

公務員の場合、刑事事件で、禁錮、懲役刑の有罪判決を受ければ、原則、失職することとなります。禁錮刑・懲役刑の有罪判決の回避に向けて、訴訟内外で有効な活動をしなければなりません。

「刑事事件で公務員の家族が逮捕された方」について詳しくはこちらから

■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら